旅行の準備

女子旅・海外旅行!3泊4日チェンマイ旅行の持ち物をご紹介します!

たいら
たいら

海外旅行って何を持っていけばいいのか不安になることありませんか?

あれ持ってくればよかった!これ使わなかったな…などもよくある話です。

この記事では実際の持ち物をご紹介します。

海外旅行の持ち物

1年のうち半年は海外にいる生活をする中で、私の持ち物は少しづつ洗練されてきたように思います。

3泊4日のチェンマイ旅行

  • ワンピース×1
  • タンクトップ×1
  • Tシャツ
  • 薄手のパンツ×1
  • ブラトップ×2
  • フリース長袖トップス
  • 下着類
  • ハンカチ×2
  • メイク用品
  • 貴重品入れ(パスポート、クレジットカード、国際キャッシュカード、現金)
  • パスポートケース
  • サコッシュ
  • 充電器類(Mac用、スマホ用)
  • カメラ
  • スタンド
  • Mac
  • ノート
  • Kindle
  • 財布

LCCなど格安航空券を利用する場合は持ち込み手荷物が7キロまでなど

規定があるのでそれ以下に抑えたいですね!

もちろん預ければよいのですが、LCCなど格安航空券の場合は割高になる場合があるのでチェックしておきましょう。

プラスして持っていきたいもの

  • サングラス
  • 帽子
  • ビーチサンダル
  • ストールやカーディガンなどの羽織りもの

やっぱり日差しが強い国では必需品!重さを減らそうと履物はスニーカーのみでしたが、やはりサンダルでリラックスしたい時もありました。

寺院巡りでは肌を隠さなくてはいけないので、羽織りものがあると便利です。

たいら
たいら

この時の格好はスリムデニムに黒Tとスニーカー、デニムなど重いものはなるべく着ていくようにしています。カジュアルな格好が動きやすくて快適です!

かさばる化粧品類

ラインナップはこんな感じ!かなりリアルな感じですがすみません…

  • メイク下地
  • ファンデーション
  • チーク
  • アイシャドー
  • アイライン
  • マスカラ
  • ビューラー
  • アイブロウ
  • デオドラント
  • メイク落とし
  • コットン
  • 試供品の化粧水と乳液

私はいつもジップロックにまとめて収納します。

液体がこぼれても心配ないし、中身が見えるので便利。

一番重さがあるのが液体類。

なるべく試供品サイズのものを用意して軽くするのがおすすめです

タイ・チェンマイのコンビニで買えるアメニティーグッズ 旅行の持ち物を軽くするコツ 持ち物を軽くする一番はやい方法は”現地調達を視野に入れる!”です。 私の持ち物の中でも一...

荷物はトラベルポーチにまとめて収納!!

荷物をまとめるにはトラベルポーチを使うのがおすすめ!

キャリーバッグの場合もきれいに収納できますよ✨

今回は大きめのポーチ1つを使いましたが、

小さめのトラベルポーチを使って2つに分けるのも便利かと思います!

小分けにした方が取り出しも楽かも◎

トラベルポーチを探してみる

 

衣類は現地調達でも楽しい

カラフルでポップなデザインが魅力的なチェンマイの衣類。

せっかくだから、お買い物を楽しみながら今日着る服を選んでみてはどうでしょうか?

タイパンツはもちろん、山岳民族の刺繍が施されたワンピースなど

チェンマイならではの服飾雑貨にたくさん出会えます。

こうすれば持って行く服を減らすことができますし、同時に楽しい思い出も残せます♡

お気に入りを見つけて現地で着てしまおう!!

タイ・チェンマイのおすすめ穴場スポット!Bann Kang Wat日よう日限定開催のモーニングマーケット 市街地からソンテウで15分ほどのところにあるバンカーンワット(Bann Kang Wat) ...

チェンマイでの洗濯は簡単

滞在が長ければ長いほど洗濯が必要になってきます。

ホテルなどでランドリーサービスがあれば良いですが、ない場合はどうすればいいの?

と疑問に思うかもしれません。

20バーツほどで自由に使える洗濯機もありますが、どこに干すのかなど乾かす時が面倒。

そんな時は、ランドリーショップが便利!

チェンマイでは街中のいたるところにランドリーショップがあり、1キロ40バーツ程度で洗濯をお願いすることができます。

この方法なら、洗濯→乾燥→たたみ までやってくれる✨

荷物を少なくするためには現地で洗濯するのもおすすめです。

キャリーバッグorバックパック

これもみんなが悩むポイントの1つではないでしょうか?

昔は旅行と言ったらキャリーバッグでしょ!と思っていましたが

実際にはそれぞれの旅行スタイルによって使いわけた方がいいという結論に達しました。

簡単にメリット・デメリットを確認してみましょう。

キャリーバッグ

コロコロ出来るので歩くのが楽

全面が開くのでパッキングしやすく、取り出しも簡単

鍵がしっかりかかるので防犯効果がある

舗装されてない道や狭い道路は運びにくい

公共交通機関を頻繁に使い移動する場合やや邪魔になる

キャリーケース自体が重い

 

バックパック

バックパック自体が軽い

場所の移動が多い場合でも身軽に動ける

安物でなければ長く愛できる

全てを背負っての移動は結構大変

1度パッキングしてしまうと下に入れたものが出しにくい

セキュリティーがゆるくなりがち

場所と移動率を考えて決めよう!

キャリーバッグが向いている人

  • 比較的道路が舗装された場所に行く
  • 宿泊先への移動が少なく、部屋に荷物を置いて行動する

バックパックが向いてる人

  • 移動が多く1カ所に長く宿泊しない
  • 公共交通機関をよく使う
たいら
たいら

私はいつもバックパックを使っています。

長く歩くのは大変な時もありますが、やはり身軽に動ける気がします。

宿泊先を転々とすることも多いですし、バス移動の時はキャリーケースは預けなくてはいけない場合が多いですが、バックパックだと席まで持っていけるので安心。

やはりローカルな場所で荷物を預けるのは少し心配なので…

パッキングのコツまとめ

  1. キャリーケースやバックパックは軽量で丈夫なものを選ぶ
  2. 現地で買えるものは持っていかない
  3. 洗濯する&買うことを考えて、衣類の枚数を減らす
  4. 1つ1つ小さなものでも軽量を意識する

まずはこれだけ意識できれば、無駄のない荷物に近づくのではないでしょうか✨

タイ・チェンマイのコンビニで買えるアメニティーグッズ 旅行の持ち物を軽くするコツ 持ち物を軽くする一番はやい方法は”現地調達を視野に入れる!”です。 私の持ち物の中でも一...
チェンマイ女子旅のしおり

\初めてのチェンマイ旅が3倍楽しくなるガイドブック/

こんな人にオススメ!

  • 2泊3日のチェンマイ女子旅
  • 弾丸旅行でもしっかり満喫したい!
  • チェンマイのおしゃれなカフェを回りたい
  • 滞在時間を無駄にしたくない

 

かわいいくてカラフルなものやおしゃれなカフェが大好き!

そんな私がチェンマイに長期滞在した経験をもとに、チェンマイをマルっと楽しめるプランを考えました!実体験がつまったプランであなたの旅を完全サポート!

今すぐチェック